借金返済の為にフリーマーケットを初めて出店する人へ

借金返済状態の場合には、いらないものを売ってお金にするのは一つの方法だと思います。

一番手っ取り早いのはフリマと思う人も多いでしょう。

お金を即日で手に入れるためには、スピード感もあるからうれしいですよね。

つい先日、私の地元、一宮市木曽川町奥町から、約、車で30分程先にある「稲沢勤労福祉会館」という稲沢市の人達の憩いの場所で、初心者でもインターネットや電話から簡単に応募し、出店販売出来る小規模なフリーマーケットに興味本位と面白半分で参加してみる事にしました。

正直に言いますと、私の部屋にはもう一切着なくなった古着や、趣味趣向が変わって着たくなくなった新品の服が50着以上、そして昔趣味で集めたアクセサリーや、装飾品等、それに加え、本や雑誌が数えきれない程あって処分するにも、お金と時間が大変掛かるし何より面倒臭いの一言に尽きる…!と判断したのがフリーマーケットに参加するキッカケにもなる動機でもあった気がします。

そして9/24に1ブース、1100円を支払って出店する事になったので、休日や平日の時間の合間を見て私は一人自室で、不要な服を全て懇切丁寧に洗剤と柔軟剤を惜しむ事無く使い、アイロン台の電気代にも目もくれず必死でフリーマーケットで売り上げを出す為に、インターネットでアドバイスも貰い、上手にお客さん達を自分のお店に引き入れる声掛けの方法やらブース(シート)の上に商品を上手に並べるコツなどを色々勉強し知識を大量に得ました。

値段付けは、お客さん達が大変見やすいように極太の黒マジックで大きく値段を書き、一品一品丁寧に値段を時間を掛け必死で試行錯誤して考え、平均的に300円~500円程度になりました。

そして当日8時30分~9時までに稲沢勤労福祉会館に集合するようにと言われていたので、出店用の荷物を朝早くから車に積み込みました。この時で荷物は、大きな衣装ケース2つに、キャリーバック1つ、大きな紙袋1つ、この紙袋の中には溢れんばかりに日用品がドッサリ、そして服を吊るす棒に、ハンガー30本程、この時の私は、これだけ可愛い服も沢山あるし、主婦や老若男女に愛される日用品も沢山…!絶対に売れる!二万は必ず超えるに決まっていると内心意気揚々、自信満々の真っ最中でした。

しかし目的地に到着し、ブース代金1100円を支払い重くで仰山ある荷物を体育館の中へ運んだ瞬間、空しさと、あまりの呆気なさに驚愕し立ち尽くすばかりでした。インターネットでは、この稲沢勤労福祉会館では60ブース出店する!と書いてあったので物凄く大きな場所でフリーマーケットを行うのかと思いきや私含めてフリマ参加者数は約15店程、そしてブースのあまりの小ささ、主催者側が用意してくれたシートの汚さに苛立ちを覚え殺意さえ込み上げてきました。

けれども今から沢山のお客さんが私の出した物を、お金と引き換えに買ってくれるという気持ちを鎮静剤として煮えくり返りそうだった怒りを鎮めてブースのシートの上にアドバイスをくれた通り、目玉商品は一番目立つセンターに、服や装飾品、ベルトなどは物干し竿にシッカリとかけ、お客さんが見やすい高さにして触れるようにしました。自分で言うのもなんですが、出店した店の中では一番私の店が綺麗に品物が並んでいたと思います。

そうこうしているうちに、フリマでお買い物目当てのお客さん達が来ました。若い人達も沢山来るよ!と主催者側の人達が言ってくれたので、もう全て売れると思って、お客さん達を見ると「…嘘でしょ」と物凄く間抜けな声が口先から生まれました。何を隠そう、そのお客さん達の年齢は殆どが高齢者で、まれに子連れの家族や主婦の方々ばかりで、私が持ってきた物は完全に物凄く若者向けの物ばかりだったので値段を涙を飲んで500円から全品100円に変えても売れる訳がなく、結局売れていたのは、小物用品やらベビー用品、今だから暴露しますが私は出店代1100円にも満たない売り上げ資金しか稼げなくて、その場を半泣きしながら後にしました。

皆さんも「フリーマーケットなんだし絶対に売上金なんて簡単に稼げるよー!」とか安易な考えは絶対に絶対にしないで下さい、荷物は一切減らず高い出店代だけ払わされて、儲けなどないまま自宅へ帰らなくてはならなくなります。

けれどフリマの場所、来るであろうターゲットなどを予め絞っておいて、そのターゲット達が欲しがるであろう物を持っていけば、きっと売れます。もしフリーマーケットに初めて参加する方がいましたら、これだけは忠告しておきます。ちゃんと参加するフリマの情報を沢山仕入れ調査して下さい。